読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できないことはできない

ただのメモの置き場所

QsysとNIOS2とuClinux

時間ができたので1年ぐらい前にやろうと思ってたことを再開してる。

 

NiosIIでuClinuxを起動する。Arria10で。

だいたい起動させてる人ってDE0だからCyclone III ばかりでVシリーズがちらほら。

 

 

以前やろうと思って調べたときに、Qsysになってからブートデータを生成するために必要なファイルが生成されなくなってしまった、と目にしたので諦めたけど、よく調べてみると変換ツールがあるらしい。

How to boot uClinux on Altera NIOS II Processor with MMU

 

ということで、やってみることに。

 

必要なファイル類は、

http://gihyo.jp/book/2011/978-4-7741-4839-7/support#supportDownload

 

Qsys用の変換ツール(Sopc2dts)はこちら。

http://ftp://ftp.altera.com/outgoing/nios2-linux/

 

上記のvmwareFedoraをインストールして進めていったら、

uClinux-dit内でmake menuconfigしたらエラーで進めず。同じような内容の解決法を紹介してるブログを発見。

uzusayuu.hatenadiary.jp

うーん。構造体の宣言のコピペする場所が全然わからなくて、自分は解決せず。

 

 

FPGAの部屋 DE0でuClinux 1(uClinxとツールチェーンのダウンロード)

困ったときのFPGAの部屋を覗いたら紹介されてた。

同じくUbuntu11.10をインストール

レポジトリが古くてgit-coreがインストールできなかったので、/etc/apt/source.listファイルを編集。

./checkoutして、uClinux-ditに入ってmake menuconfig

f:id:i8087:20170216102003p:plain

fedoraで3時間ぐらいハマったけど、なんとかできて良かった。

個人的にfedoraで何かやろうと思っても何もうまくいかないので良いイメージが無い。

 

とりあえずやり方がわかったのでQsysをポチポチしようと思う。

つづく。